サニーエモーション飛騨リバークエストに参加。小八賀川に行ってきた

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

サニーエモーション略してサニエモ

3年ほど前からサニエモのツアーに顔を出しています。一人ではパックラフトが上手にならないと気が付いたこと、仲間が欲しい事など色々理由はあるのですが、なんといっても代表の柴田さんとアシスタントの塩ちゃんの雰囲気がとても好きというのが一番の理由。

リバークエスト

今年初めてのサニエモのツアーに参加しました。サニエモのツアーはトレーニング&ダウンリバーから始まり、PR2、PR3まで進むと個人の実力次第で上級者向けの川へ連れて行ってくれます。リバークエストと言います。実力に見合わない場合は残念なお知らせが来ます。私も何度か実力不足でまだ早いの連絡を何度かいただきました。今回の飛騨リバークエストはシーズン初めのこの時期しか開催されないレアツアーです。OKがでてよかった。

小八賀川について

始めて訪れました、というか初めて聞きました、小八賀川。名前に漢字4文字も使っていますので、名前が全く覚えられません。高山で宮川と名前を変え富山方面に流れ、途中高原川と合流し神通川となり日本海にそそぎます。小八賀川の下流宮川は日本でも有数の激流です。宮川はいつかいってみたい目標とする川の一つです。

こんなところからINしました。草をかき分け川にエントリーします。森の中を流れている川の為、緑が気持ちいい。日陰が多い為気温が低い。雪解け水なのか水温もかなり冷たい。

水は少なめ。岩が多い。ヒラヒラ系の川。(岩をよけながら右へ左へとよけながら進むテクニックが必要な川を個人的にヒラヒラ系の川と呼んでいる)森の中を流れている川なので世間の喧騒から隔離され癒される。嫌なことを忘れすぎて、月曜日に会社に行くのを忘れてしまうかもしれない。

サニーエモーション 飛騨リバークエスト 小八賀川 クリーク面白い

連続した結構な瀬が多く、写真をとる余裕がない。撮った写真は比較的穏やかなところばかりで残念。もっとすごかったんですから。岩と岩の間を縫いながら流れてゆく。一瞬迷いが命取りの場合があるので気が抜けない。月曜日から金曜日まで気を抜いているので、一週間に一日くらいは気を抜かない日があっても良い。気を抜きすぎてしぼんでしまわないように。

橋を下から見上げるのが好き。違う角度から見るとよい景色が見られるものなのです。スカートが良い例です!!

本日一大イベント

本日のコース中盤に極端に川幅が極端に狭まり、水が大暴れしている面白そうな瀬が出現。代表の柴田さんがまず私が行って見本見せましょうと突入。その後壮大に沈をし、身をもって危険な瀬だと教えてくれる。さすがは代表。

サニーエモーション 飛騨リバークエスト 小八賀川恐いね〜
サニーエモーション 飛騨リバークエスト 小八賀川で衝撃

代表の次はアシスタントの塩ちゃん。塩ちゃんも全く同じ場所で同じようにフリップ。二人揃って身をもって危ない個所を教えてくれる。やさしいなぁ。

二人のコース取りを見ているとブレースを入れようにも右の岩にあたりうまく入れられず沈という感じがする。そもそも右寄りは危険という事がわかる。流れに乗っていくと右に寄せられ、ペロンちょとされちゃうなら、瀬の広いところで勢いを付け、左よりで一気に行ったろう作戦である。

サニーエモーション 飛騨リバークエスト 小八賀川で飛ぶ
サニーエモーション 飛騨リバークエスト 小八賀川

その結果!爆漕の末飛びました!!!左よりの低い岩に乗り上げるも勢いがかなりついているためそのままジャンプ。無事生還しました。二人の名誉の為に行っておきますが、私は勢い付けて吹っ飛んだだけ。上手な人ほどやられる瀬でしたね。

いや~おもしろい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク