穂高川ダウンリバー、パックラフト&カヤック。

安曇野界隈で川下りをしようという事になり、安曇野へ出かける。丁度梅雨入りをしたところで、天気は雨模様。土曜日の午前中はまだマシだという事で、朝早く起きて車をぶっ飛ばす。飯田辺りで土砂降りになり、大丈夫なのかと心配になる。

安曇野に到着しても全く雨がやみそうもなく、真強さん宅でヒヨコと戯れて時間をつぶす。ヒヨコがかわいい。実家でも昔鶏を飼っていて、毎日卵をポコポコ産んでいた。いつかまた飼いたいなぁとぼんやり思っていたのに、ヒヨコを見せつけられ鶏飼いたい熱に火がついてしまったようだ。名古屋こうちんでも飼おうかしら。若かりしブラピの映画などをぼんやりみて過ごす。

created by Rinker
¥1,653 (2020/11/24 09:57:29時点 Amazon調べ-詳細)

ぼんやりし過ぎておじいさんになってしまうかと思ったが、午後になると雨も弱まってきたため、真強さんとフッシーの三人で穂高川に繰り出す。穂高川は初めてである。なんか穂高って言葉の雰囲気が良いよね。山の世界が広がってきそうな雰囲気じゃない?川なんだけど。穂高川は今回が初めてだが、あまり激しくない川でいつもはもう少し水も少ない様だが、今日は土砂降りの後で川の流れが速い。

カヤック2回目の私はもうちょっとした瀬で大騒ぎ、大丈夫か?大丈夫かとすっかり弱カワである。1日1ロールを心掛け、今日もロールの練習がしたいのだが、流れが速くエディーがない。全然練習できないままどんどん流され、あっという間に犀川合流が近づいてくる。丁度浅瀬がありちょっとした淀みを見つけて、ロールの練習をする。1ロール成功。後は地球ロールになってしまった。そして淀みは水が臭い。何やら全身が川臭いのでゲンナリである。

カヤック ロール初心者

ふと対岸を見ると小川からきれいな水が流れ込んでいる。あれ、あそこ水がきれい。そこの小川遡上しましょうよ!と小川に入るが、川幅が狭いのと倒木などがあり遡上は困難。仕方がないので、歩いて沢登りをしてみる。気分は川口探検隊である!

ひとしきり小川で遊んで蜘蛛の巣まみれになった。淀みの汚い水も綺麗な水で洗い流し、カヤックに乗り込む。

颯爽とストリームイン。バランスを崩して沈。ロールを試みるが、うまくいかない。あ!そういえばゴーグルと鼻栓してない!!今朝こっそり捨てた大人のDVDの事を思い出す。そういえば身辺整理なんてしたから死ぬかもしれん!早々にロールを諦めカヤックから脱出。沈脱と言われる奴である。

情けないことに、これが今の実力なのである。カヤックって難しい。最近パックラフトが人気なのがよくわかる。ロールできなくてもいい、バランスもいいからめったに沈しないしとてもよくできた乗り物なのだと改めて実感する。

家に帰って奥さんにニワトリって虫たくさん食べるらしいぜ!雑草も食べるし我が家の庭の問題が一気に解決じゃん!と話しかけてみた。

こんな顔してるので、もうこれ以上ニワトリの話はしないでおこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク