長良川カヤックロール講習

大学時代の友人からオンライン飲み会をやろうと誘いがあったが、とりあえず放置した。オンライン飲み会の良さが全く理解できない。食い物、飲み物は自分で準備しなきゃいけないし、何よりなんか恥ずかしくない?フェイスタイムとかすごい苦手で、できればやりたくないので、明日は早起きして長良川に行くからオンライン飲み会には参加できないという事にしておこう。

スイートパドルロール講習

コロナの影響で封鎖されていた、長良川の河原がとうとう封鎖解除になり、使用が可能となりました。早速、スイートパドルのもっちゃん先生にロール講習を申し込みロールデビューすることにした。ロールが出来るようになれば、本格的にカヤックダウンリバーデビューが出来るでしょう。と言うか、ロールが出来ないと怖くてカヤックでのダウンリバーに繰り出せない。パックラフト乗りにとってロールは憧れの技術なのです。

さて、今回マーボーさんから私がロール講習を受けることを聞きつけ、まっちゃんもロール講習に参戦。一緒に長良川へ出かけることにしました。まっちゃんは昨年保津川で出会い、なんと4月から愛知で働くという事実が発覚、私の川仲間に引きずり込む計画中だったパックラフト乗り。まっちゃんも最近カヤックに目覚めたようだ。みんな、こうしてパックラフトからカヤックに転向していくのだろうか。

関西川下り遠征1日目は秋の保津川を嵐山まで、2日目は奈良吉野川をパックラフトで下りました。今回は大事件発生!
まっちゃんとの出会った思い出の保津川

さて、まっちゃんは今のところあだ名はまっちゃんという事にしておきましょう。コロナのせいで自粛生活が長い為、キレがないのであだ名はまた今度にします。

関観光ホテルに集合、本日はもう一名参加者がおり3名で講習を受ける。もう1名のMr.スミーは名古屋から参加でカヤック歴6年の猛者、最近スランプなので一から学びなおすそうだ。おいおい、ちょっと待ってよ。6年やっててもスランプになってロールが出来なくなるの?ロールマスターしてからダウンリバーしようと思っていたのに、これではいつになってもダウンリバーが出来ないじゃないか!非常に悩ましいのである。

講習の内容は、まず地上でロールの動きを教わる。前から何度も言っているが、私は型を覚えるのが苦手なのだ。もう頭の回転も鈍くなっているので仕方がないのである。話を聞いていてもなんだかよくわからない。

次にカヤックに乗り込み、地上でロール練習。カヤックに乗った状態でカヤックの横にシートを置き、カヤックごとシートに倒れこみ起き上がる練習。カヤックに傷がつくなぁ、嫌だなぁとチラリと思うが、基本的に大雑把な性格なので、だんだん傷などでどうでもよくなってくる。

そしていよいよ川に入って練習。もちゃんは短パンの私に、タンパで良いの?と心配そうだったが、暑がりなのでへっちゃらと答え、我先に川へ入る。まずは前回の復習、沈脱から。そして、浅瀬でロールの動きを確認する。徐々に深い所で練習。何回か練習していると何やらフラフラする。風邪でも引いたんだろうか?陸に上がるとまともに歩けない。どうやら目が回っている。すげぇ気持ちが悪い。船酔い状態である。ロールの練習ってこんなに気持ち悪くなるの?皆さんこの気持ち悪いのを乗り越えてロールをマスターしてるんだろうか。尊敬に値する。

すっかり気持ちが悪くなり、練習も自粛しようかしらという気持ちが沸き起こる。それでも憧れのロールマスターに向け、何度か練習しては気持ち悪くなり休憩をする。私がゲーゲー言っている横で、まっちゃんはへっちゃらな顔して黙々と練習に励んでいる。流石は若者である。そして、なんとロールが出来るようになっているではないか!天才か!私はと言うと水に浸かりっぱなしですっかり冷え、ガタガタ震え始めたので、今更ながらウエットパンツを履くことにした。久しぶりの川で、服装も判断が付かない。

長良川ダウンリバー、山崎大橋から関観光ホテル

折角長良川まで来たので、午後からまっちゃんと軽く長良川ダウンリバーに繰り出す。今からパックラフトを出すのが面倒なので、ロールはマスターしていないがカヤックで行くことにする。大丈夫なのか!危なくないのか?という事よりも面倒くさいの方が優先されるのが私の良い所である。

関観光ホテルでチャリを降ろし、上流へ移動。前回もっちゃんの初級講習で下ったところなので私の危なっかしいカヤックでもおそらく問題ないが、まっちゃんはパックラフトなので物足りない事でしょう。大変申し訳ないが、私のものぐさ優先である。ちょっとした瀬でキャーキャー言いながら下る。初めてパックラフト乗った時を思い出すなぁ。不安定なカヤックだからこそだ。話する人する人、みんな私にロックスター(私のカヤック、プレーボートというジャンル)はまだ早いと言う。最初はダウンリバー用が良いと言われ、悩み始める。もっちゃんにも、アクシオムというモンベルから出ている船が最高によいのでお勧めだと勧められて、もっちゃんに勧められたとマーボーさんにいうと、間違いないと背中を押してくる。困ったもんである。来月位には、アクシオムを買ったよという報告をしているかもしれない。そういえば10万円くれるって安部さんが言ってたなぁ。

おまけ、世界の偉い人

全く関係のない話であるが、我が家の坊主が安部総理大臣の事を安部ソウル大臣と呼ぶ。日本の首相のはずなのだが、ソウルを管轄していたのか~。安部ソウル大臣が10まんえんくれるの?じゃあ何かおっかなぁ!さすがに小学生に10万円は渡せません。お父さんがもらいます!

金正恩の事をキム・ジョンと呼ぶ。アメリカのコリアンタウンに住んでいそうな名前だ。そして何かと言えばトランプ、トランプと言っている。リビングの電気のスイッチにトランプが貼り付けてあったのにはたまげた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク